ドッグショーで数々の好成績

 【 その2 】 ラブラドールのスタンダード

父犬の良いところと母犬の良いところを併せ持つ子犬を
作出することがブリーダーとしての役目です。
絶えず近づけるように、心がけています。

 【 その3 】 必ず雄犬はDNA鑑定

日本では純血種の乱繁殖によって遺伝性疾患をもった犬たちが増えています。JKCでは、チャンピオン登録の際にDNA検査が義務づけられました。当訓練センターの雄犬は必ずDNA鑑定を行ってから繁殖しております。雄犬は各協会の検査済みで、DNA鑑定で検査し、より正確な血統を出します。そしてその中の選ばれた犬で計画繁殖を行っております。  犬の発情期は年2回ですが、当訓練センターでは、産ませるための犬ではなく、形に見合った犬を計画繁殖しております。

【 その4 】 血統書をお渡ししています

もちろんジャパンオールドッグ訓練センターの犬たちは血統書がついています。
——————————————————
・JKC  ジャパンケネルクラブ
・NPDA 日本警察犬協会
・JSV  日本シェパード犬協会
・日保  日本犬保存会
——————————————————
血統書は、犬がどのような血縁関係で誰の所有していた犬か、血縁関係を記載する目的があります。また、ドッグショーでの犬の活躍の記載・子犬を産ませた場合に受賞暦の記載をし、発行しています。

 【 その5 】 イヤーナンバーがついています

シェパード犬はナンバーが義務になっておりますが、ジャパンオールドッグ訓練センター ではゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバーにもイヤーナンバーを付けています。成犬の紹介の際、ナンバーのついている犬は必ずそのナンバーの犬が 届きますので、遠方の方にも安心してお求めいただけます。

【 その6 】 信頼できるブリーダーさんからの取り寄せもできます

ジャパンオールドッグ訓練センターで取り扱っていない犬種については、希望の犬種をお聞きしたうえで信頼できるブリーダーさんからお探しいたします。取り寄せの場合は1週間~10日間お時間をいただき、予算に見合った犬をお渡しいたします。